所蔵雑誌目録Web版

ILL手順&マナー

相互利用(ILL: Inter Library Loan) は利用者の必要とする資料が自館にない場合、所蔵している図書館へ資料の貸出もしくは文献複写を行う相互協力サービスです。「文献の相互利用は相手館の厚意であって、けっして権利ではありません」と言われるように図書館間の相互協力で行われている利用者のためのサービスであることを忘れずにILL活動を行いましょう。

 近畿病院図書室協議会では会員間のILL活動のための総合目録・ILLシステムとして近畿病院図書室協議会所蔵雑誌目録Web版:KITOcatを利用しています。協議会でのILL活動は会員機関の所蔵資料や契約している電子資料及び、機関情報を協議会で共有することで成立しています。充実したILL活動とするため会員皆様にはKITOcatでの定期的な機関情報及び、所蔵データの更新をお願いします。

ILL手順(下図をクリックすると別ページで開きます)

  

 

ILLのマナー

複写依頼を行うときはILLが相互協力で行われているサービスであることを忘れず依頼先機関にできるだけ迷惑をかけないよう依頼するようにしましょう。

1.事前確認

利用者からの文献申込みをそのまま依頼せず、文献の書誌事項(雑誌名・巻号・出版年・頁・著者名・論文名)を確認しましょう。間違えた書誌事項での申込みは依頼先機関に迷惑をかけるだけでなく、依頼時間の無駄になります。

2.所蔵先の確認

所蔵先についてはKITOcatCiNii Booksで確認しましょう。依頼先は集中せず、相手館の負担にならないよう1日1回、3件程度で依頼しましょう。同時に複数件依頼するときは依頼内容を同じ雑誌で揃える等の心遣いをすると良いでしょう。至急依頼の時は依頼先機関に事前に確認して依頼しましょう。

3.申込み

申込の書式や方法は依頼先機関の指示に従いましょう。指示がない場合は、“使い方“にある近畿病院図書室協議会ILL書式を参考にしてください。近畿病院図書室協議会会員間でILLを行う時は、KITOcatを利用すると簡単に申込み用紙ができます。

4.支払い

複写料金は、図書室担当者が責任を持って、依頼先の指定方法に従い速やかに支払いましょう。

 

ILL業務参考資料(サイト)